■バセドウ病


■はじめに


私は、2004年8月に人間ドックでバセドウ病と判明、只今治療中です。
少しでも同じ病気をお持ちの方やご家族のお役に立てればとページをアップいたしました。
私の治療経験や治療過程又医師の指示や文献で調べたことなどをまとめましたが、専門家ではありませんので、記述や表現に間違いがあるかとは思います。どうか、その点はご容赦下さいませ。

■甲状腺の病気には



■甲状腺ホルモンとは



■バセドウ病の原因とは



■バセドウ病の症状は



■バセドウ病の検査は



■バセドウ病の治療方法は



■バセドウ病の治療方法によるメリット・デメリット





■バセドウ病について医師から説明を受けたこと



■甲状腺の病気には


大きく3つに分けて 甲状腺機能亢進症・甲状腺機能低下症・結節性病変 があます。

■甲状腺ホルモンとは


甲状腺から分泌され、一般に全身の細胞に作用して細胞の代謝率を上昇させる働きをもつ、アミノ酸誘導体のホルモンのことです。
トリヨードサイロニン(T3)と
サイロキシン(T4)の2種類の化合物が甲状腺ホルモンとして知られます、

■バセドウ病の原因とは


自己抗体の影響(本来はからだの外から侵入してくる細菌やウイルスを無害化する存在で「抗体」が、自分の正常な組織に悪く働いてしまう)と考えられていますが、すべてが解明されていません。

■バセドウ病の症状は


バセドウ病に伴う症状の中で、日常生活に一番大きな影響を与えるのは、甲状腺ホルモンの過剰によって起こる症状でしょう。
甲状腺ホルモンは、体の新陳代謝を活発にするホルモンです。
したがって、甲状腺ホルモン過剰の状態にあるバセドウ病は、一見生き生きとして皮膚のツヤもよく、元気そうに見えます。しかし、新陳代謝が異常に活発であるということは、無駄なエネルギーの浪費を意味しています。
じっとするときでも、走っているときと同じくらいエネルギーを消費する状態と考えください。とにかく疲れやすい、いつもゴロゴロしている、というのもこの病気の人に多い症状です。
中でも、代表的な症状が動悸です。
息切れとともに多い症状で、中には寝ていても動悸が気になって眠れないという人もいます。
これは、バセドウ病では代謝が亢進するために、普通の人よりたくさんの酸素が必要になるためです。
バセドウ病の患者さんは、じっとしていても、走っているのと同じような状態にあるわけですから、いつでも心臓が余分に働かなくてはならないのです。
それが、動悸という自覚症状になるのです。普通じっとしている状態では、脈拍は1分間に60〜80程度ですが,バセドウ病の人では100を超えることもあります。
ただし、高齢になると脈拍が増えないこともあります。他に多いのは、手足や体のふるえです。
とくに、指先のふるえが目立ち、文字が書きづらくなったり
、お茶をくむとこぼすようなこともあります。
また、いつも運動をしているのと同じような状態になるので、暑がりになり、汗をたくさんかくようになります。さらに、エネルギーの消費が激しいので、食欲はあるのに太らない、
あるいはやせるということになります。とくに男性や年齢が高い人で目立つ症状で、ひどい場合、1、2カ月で10キログラムもやせることがあります。これ以外にも、下痢をしがちになる、皮膚がかゆくなる、筋肉が衰えるなど、いろいろな症状があります。一日のリズムも微妙に狂ってきて、寝起きが悪く午前中ずっと調子が悪いという人も少なくありません。

因みに私の場合は 

・手足にふるえ
・動機
・足の浮腫み
・虚脱感
・常に下痢をする
・軽い尿漏れ などがありました。

■バセドウ病の検査は


血液検査で甲状腺ホルモンの分泌量や自己抗体数値を測って病気を診断します。


■バセドウ病の治療方法は


抗甲状腺薬(場合によりヨード剤)を服用して甲状腺ホルモンの分泌量をコントロールする方法
アイソトープによって甲状腺の働きを弱める方法
手術で甲状腺を摘出する方法
があります。


■バセドウ病の治療方法によるメリット・デメリット


内服薬治療

(メリット)
・年齢を問わない
・甲状腺腫の小さい人に適す
・妊婦や子供もOK

1ヶ月や半年単位で薬の受取可能
・通院頻度が少ない

(デメリット)
・副作用がある
・かゆみ、皮疹
・肝機能異常
・無顆粒球症
2〜3週間以内に発熱とともに関節痛がおこる場合があります。
この関節痛は移動性で主として上下肢の関節に見られます。
また、主としてチウラジール(プロパジール)を服用している場合、腎臓や肺の血管に炎症を起こすことがあります。
この副作用はひどい場合は、肺から出血したり、腎不全を起こし透析が必要になる場合があります。
この副作用は、服用開始後数年して起こることもあり、薬を飲んでいる間は常に注意が必要です。

放射性ヨード治療(アイソトープ)

(メリット)
・薬の副作用がでた人
・薬で治りにくい人
・早く治したい人
・通院困難な人
(ただし小児、妊婦、授乳中の人を除いた人)
によい

・再発しにくい

(デメリット)

治療しても細胞が減りすぎて、逆に甲状腺の機能低下を起こす場合があります治療後5年間で、約1割の人に機能の低下が起こり、残念ながら、これを完全に防ぐことは今のところ困難
(甲状腺の機能低下は、甲状腺ホルモン剤を服用する)
一度で効かないことがある
私の場合 アイトソープ治療を行いました
副作用といえるのかわかりませんがメリットは病状が消えました

(デメリットは)
アイトソープを治療した2日ごろから発熱
1ヶ月ほど食欲の減退
1ヶ月ほど虚脱感(起きて息をするのもつらかったです)
体重の急激な増加
髪の毛が1ヵ月後大量に抜けました(2−3週間でおさまる)
皮膚がかさかさになり張りがなくなり粉を吹く
体中の筋肉が少し体を動かした拍子につる
(例えば 車の運転中わき腹の筋肉
お茶を飲んで腹膜の筋肉歩いている途中で大腿部の筋肉がつってかなりの激痛でした)
治療後2ヶ月ぐらいしたのち症状が出て3ヶ月ほどひどい状態が続きました。

手術

(メリット)
・薬により副作用のでた人
・薬で治りにくい人
・甲状腺に腫瘍がある人
・バセドウ病と悪性腫瘍の両方を持つ人によい
・再発が少ない
・他の治療と比較して早く症状が緩和

(デメリット)
入院が必要なことと、(2〜3週間)
多少手術に伴う苦痛があること、それにくびにメスを入れた傷痕が残る。
手術による合併症を起こすことがある。



■バセドウ病について医師から説明を受けたこと


今の医学ではバセドウ病は症状を和らげることはできても 厳密には治らない病気です。
長い間気長に付き合って直していく根気が必要だと言う事でした。